「まさに、ファー。」
まさに、ファー(まさに、ふぁー。)

センチメンタル擬音の代表格「ファー」。

フォーイグザン。
面と向かって話しているのにフォナゴにスルーされたり、
テスト勉強なんもしてないのに筆箱忘れたり、
集合写真で眼が半開きになっていたり、
ダッシュしたのに目の前でバスがファーンとなったり、
全然知らない人から罪をなすりつけられたり、
ゲーム開始からキングボンビーがついていたり、
玄関出たら地雷を踏んだり、
エロ動画みてたら電源が落ちたり、
日曜だと思ったら月曜だったり
カラオケで自分の番になったとたんみんないなくなったり、
満タンにはいった紙コップをひっくり返したり、
席替えで最前列(超アリーナ席)にさせられたり、
バイトが8日連続だったり、
トイレに入ったら紙がない、ってゆうかそもそも女子便に突撃済(当方男子)だったり…、

まさに、ファー。イメージ図
とあらゆる場面でセンチメンタルな要素を感じたときになる状態のことを「ファー。」という。
語源の由来はフランダースの犬ラストでルーベンスの絵の前でネロがファーするイメージから。
しかしネロにとってみれば濡れ衣を着せられた時点でファーである。というより「エ゛エーッ!?」

発するときは背筋をピンとのばし気をつけのポーズから静かに上を向く。
「ファー。」と口に出してもよいが口に出さないファーは「まさに、ファー。」である。
「まさに、ファー。」と表記する場合は句読点を必ずいれること。
まさに「、」でワンクッションおき、ファー「。」でランランラン♪(天使のイメージ)となる。

また、ファーとプラスしてセンチメンタル擬音は多く使われる。
ファー&スー(悲しみのイメージ) ファー&トーン(望郷編)
ファー&ガシャーン(ベランダから自決) などである。
みなさんもぜひ活用しましょう。ではいい夜を…。

女子高生とファー!
まさに、うらやま。
お祭りでもファー。
爆乳すぎ!!
copyright(c) studio nymphe allrights reserved.